思い出せない

小さい頃に沢山教えてもらった事があるのだけれど、それらが思い出せない。

どうにも私の脳はポンコツで、文字や音を長期間記憶する事が出来ない。映像としての記憶はある程度信頼出来るのだけれど、教えと言うのは多くの場合言葉や文字なので今回のケースでは意味が無い。

思い出したい話しは、人が辛い、苦しいと感じる原因は自分の中にあるとか、そういう話し。もっとこう具体的かつ説得力のある話だったのだが…。今必要なのだよ、今。

------------

人智を尽くして天命を待つっていう言葉があまり好きではない。
試験等、やった後はもう何も出来ないと言うケースもあるけれど、人生において取り組む問題の多くは、最期まで足掻けるモノが多い。

また、「人智を尽くした」と言う状態も変な話で、天命を待っている間も世の中動いていて、その間も人智は着実に進歩しているのだから、軽々しく「人智を尽くした」と言うのはおかしい。大抵の場合これは、努力を放棄する言い訳に利用されているような気がする。

世の中、そんなに全力で取り組むべき問題ばかりかと言うとそうでもないのだけれど、諦める癖をつけてしまうと本当に最後まで足掻かないといけない時に足掻き切れないのではと思うのだよね。

だから、どんな些細なことでも出来るだけ諦めたくないなって思う。

------------

字がきれいになりたいので、2016年は主にここを頑張って行きたい

------------

どんなに頭おかしいんじゃないかって思う事でも、堂々とやり切れば、多くの場合周りは賛同もしない代わりに反対もしないと言うのが過去の経験からも解る。

「やりたいからやってるねん。誰にも迷惑かかってへんやろ、なんか文句あんのか。」 という某先輩の素晴らしい生き方を真似ていきたい。
この先輩の場合、多大に周りに迷惑をかけているところが問題ではあったのだが。

------------

光線銃の完成が近いが、何分手作業で金属を削り出している関係で1丁作るのに結構な時間がかかる。1日1丁は無理だな。ちょっと見通しが甘かった。

光を扱うと大学に居たころを思い出す。真っ暗な暗室の中で、目では見えない光を延々と扱っていた。
数日暗室から出なかったら、どっちが上でどっちが下か解らなくなって、転げるように暗室から出て床で上下が解るまで倒れていたのも今となっては良い思い出…。なのか…?

------------

今日ほど、出家しとけばよかった!って後悔した日は無いだろう。
[PR]
by g_aks | 2016-01-18 03:15 | メモ