<   2006年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

コーラス

事前に断っときますが, 一気に3本見たわけじゃないですからね? レポートがはかどらないんで現実逃避してるだけなんで!

この作品は最近のフランス映画ではトップクラスの秀作と言われています.(当初フランス映画だってことを忘れてて字幕無しで見て「えらいまなりの強い英語だな・・・.聞き取れん!」ってなミスもありました.)

ストーリー:
問題児や孤児を預かる特別学校に赴任した元音楽教師と問題児達の交流を描いた作品. 主人公の音楽教師マチューは荒れる問題児達に暴力ではなく音楽を与え,次第に彼らと打ち解けていく. 最期には伯爵夫人が聞き惚れるほどの実力にまで成長し,彼らとマシューは強い信頼関係を築くことになる. ある事件でマシューは学校を追われるが彼らとの信頼関係は崩れる事は無かった・・・. 的な話し.

感想とか:
凄い感動作!っていう触れ込みで買ったので凄い期待したんですが・・・.いや,確かに感動なのかもしれないけど感動要素よりは脇役ががんばりすぎてるっていう印象と,実は歌を聞かせたいだけじゃないかっていう疑惑があったりで・・・.面白いし歌も素晴らしいけど,凄い感動があったかって言われると謎.でも見てみる価値は十分にあると思う.

しかし残念なのはゾンb(ry
[PR]
by g_aks | 2006-01-25 01:52 | 映画
ちょっと前に何かと話題だったのでちょっと見てみようかなと.
なんでもドイツではナチス禁止法とやらで色々もめたとかいう曰くつきの作品です.

内容:
どう考えても無理な状況になったベルリンで繰り広げられるヒトラーとその側近のやり取りをヒトラーの秘書視点で描いた作品. 歴史の教科書や現存する(アクセス可能な)資料ではヒトラー=冷徹な悪魔 という印象ですが,この映画で描かれているのはなんと表現すれば適切なのかは怪しいですが,夢を追う孤独で疲れたわがまま老人(?)です. 劇中ヒトラーは「やや頭おかしいんじゃないか?」と思うほどのヒステリーを起こしたかと思えば,秘書や側近に対して「巻き込んですまないね」と寂しげな目で言ったりします. (多分この人間的なヒトラー像が反ナチスな人々の逆鱗に触れたんだと思います.) 最期には自害し,ベルリンは陥落・ドイツでの戦争は終焉を迎えて映画も終わります.

感想とか:
戦争で感覚が麻痺した人々が良く描かれてたんじゃないでしょうか. 砲弾が飛び交う中で舞踏会を開くアホ官僚なんかは凄い良かったです. ヒトラーの描き方もかなり上手いと思います(実物見てないんでイメージですけど). 映画として嫌いなものではなかったし,昔ナチスに酷い目にあわされた経験も無いので「このくらいで騒ぐのかなぁ?」とは思いましたが,実際ナチスがやった事考えたら騒ぐのも仕方ないのかなぁ・・・.

しかし,残念なのはゾンビがでてk(ry
[PR]
by g_aks | 2006-01-25 01:07 | 映画

大脱走

映画と関係ないけど,MMBTがGoogle検索でトップになった.これからもアレルゲンMMBTに負けないようにがんばりたい.

----------------------
たまには往年の名作をということで大脱走を見ました. 詳細は隠す方向でちょっと実験

詳細
[PR]
by g_aks | 2006-01-25 00:57 | 映画

バッテリが死んだ.

InterLink(ミニノート)のセカンダリバッテリがお亡くなりになりました.
ただでさえバッテリ持続時間が少ないのにプライマリバッテリだけだと実質30分持つかな?って位だぞこれ. 外で使うときも取り合えずACアダプタからの電力供給が必要という謎の運用体制をとる必要がありそうだ・・・. どうしたもんか
[PR]
by g_aks | 2006-01-12 07:00
ハイド・アンド・シーク-暗闇のかくれんぼ-
をDVDで見ました. なんかパッケージにネタばれを書くなっていう注意書きがあったのでネタばれは極力無い方向で.

僕・イザクの感想:
精神分析医(だったとおもう)の主人公と娘の田舎暮らしの話しです. サスペンス系ですが,結構ありがちなオチなので,途中で末路が想像付くあたりがちょっと・・・・.個人的に嫌いな話しではなかったんですが,もう少しひねって欲しかったっていうのが感想です.

あなたは誰かにとっては狂人である」っていう言葉があるんですが,それを思い出しました.


カンフーの達人・iwaiwaの感想
話しも良かったが,なんと言ってもダコタ・ファニングが可愛かったのが良かった
[PR]
by g_aks | 2006-01-08 23:31 | 映画

お詫び

かなり遅れましたが,あけましておめでとうございます.
皆様にとって昨年はどのような年だったのかは存じませんが,今年は良い年になるようにそれとなく祈っております.

タイトルの「お詫び」に関してですが,当方コンピュータを信用できないため,住所等を全て紙媒体で保管しておりました.その紙媒体が昨年の引越しの際紛失したらしく,年賀状が出せておりません.これに関しましては,現在必死の捜索が行われております.
また,実家には何枚か届いているようですが,残念ながら元旦に届いたもの以外はまだ手元に来ていないため返信が著しく遅れるかと思います.ご了承ください.

今後の対策としまして,紙媒体を2重冗長にすることを検討しております.
[PR]
by g_aks | 2006-01-05 14:32 | 思うこと