<   2009年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

おみくじ速報

春日大社で引いたおみくじがひどい

方向: 西北の間万事よろし

・・・・自宅から西北の間にあるのは長野です。 本当にありがとうございました。
[PR]
by g_aks | 2009-12-29 17:38 | 最近のAKS

帰省

之ほどまでに気の重い正月を迎える事が過去にあっただろうか.

長野に行くにしても会社を出て行くにしても,これを実家や親戚の寄り合いで話さない訳には行くまい. 家族のリアクションは大体予想がつく.

  「面白そうだから長野行けよ」

で全会一致である. しかも

  「行って直後に事業所潰れた方が面白いんじゃない?」

とまで言い出しかねないのがうちの家族. 今年の正月の酒の肴は僕の来年の生活について に成る事はほぼ間違いないと見ていい. 知り合いの住職に話そうものなら

  「まぁ,お前はちょっと不真面目だからな. 地獄で反省しなさい」

と物凄く先の長い感じで諭されるに違いない. 

------

これが他人事だったら物凄く面白そうなのに. 
[PR]
by g_aks | 2009-12-28 01:42 | 最近のAKS

どうしてこうなった

部長に, 「会社辞めたい」 と申し出たが受理されず. 年明けまで結論が持ち越される事になった. 退職記念は暫く先だな.

------

長野について思いを馳せる為に,「岳」 という日本アルプスを舞台にした漫画を読んだ. この資料によれば,長野に足を踏み入れたが最後,大抵の人は滑落死か凍死するようだ(運がよければ骨折や凍傷で済む場合もある). 長野の致死率ハンパ無い.

------

古いPVだけれど,Here It Goes Again(OK GO)を見て,こういう大人に成りたかったんだよなぁと幼少の頃思い描いた理想の大人像を思い出す. 今のままでは駄目だ.
[PR]
by g_aks | 2009-12-22 00:06 | 最近のAKS

東京怖い

東京は広い. 色んなお店があるとつくづく思う.

そんな広い東京の中にある,お店で忘年会があった. Nackyさんのお誘いで参加した今回の忘年会,場所のふれこみが, 「日本一イラッとする居酒屋」 ということだった. ちなみにお店はこちら → かがや

実際行ってみると,イラッとするというよりは,確実に期待を裏切るマスターの行動が素晴らしい. 関西人なら1度は行ってみる価値があると思います. ちなみに,道徳的な人と,短気な人には向きません. かがや 適性を図る指標としては, ダンディ坂野(ゲッツの人)を見て,子供を見守る親の心境になれるかどうか が1つだと思っています. 
# ちなみに,オススメの注文は,「ビンビールを3本,イギリス風で」 です. お気に入りの逸品です.
## 更に言うと,料理は恐ろしいほど家庭料理です. 煮物が大半ですが,普通に美味いです. 〆はカレーでした. 



そんな,異空間での忘年会を終えて,Nackyさん,N村さん,僕の3人で2次会的に銀座のワインバーへ. 主な話題は,西日本の宇宙産業の動向について でした. 最新の状況などを仕入れながら,「お金を集める力は凄いな,西日本」 という話で盛り上がりました.

そんな,普通にありがちな二次会でしたが,やはり東京は怖いところです. 関西弁で盛り上がる3人の横のテーブルの3人組から, 「関西の方ですか?」 と,完全に駄目な感じに酔っ払った女性3人組に絡まれました. ちなみに,泥酔が一人,ほぼ素面が二人でしたが,泥酔一人のパワーがハンパなかったです. 全く同じ質問を延々繰り返してきました.

曰く,豊中出身で,短大は岡町 という完全に元生活圏内の方でしたが,如何せん,泥酔状態なため,N村さんが何度も出身を聞かれていたのが印象的でした. しまいには,僕とN村さんに向かって,

  「このアホそうな小僧ども

などと言ってこられました. 基本的に何とも思わないんですが,小僧っていう歳でも無いんです. すんません. ちなみに,N村さんは若干引いていました.

30代の女性って怖い. 幾度となく遭遇してきた状況でしたが,改めてその恐ろしさを再認識しました. 泥酔状態の30代にはご用心です.
[PR]
by g_aks | 2009-12-16 01:41 | 最近のAKS

グラン・トリノ

クリントイーストウッドも本当に歳食ったなぁと感じせますが,知る限り最高のイーストウッド映画だと思う.
#それ以外の映画が正直どうなのかという話はあるけれども.

相変わらず血の気の多いアメリカ人という役どころは変わらないながら, 歳相応に役どころも高齢化しています. 無鉄砲に自分の正しいと思うことを実行しますが,結果として招いた惨事に対して 悔し涙 を流しながら反省しているイーストウッドが見れます. 一体お前に何があったんだと心配になりますね. 以前のイーストウッドなら何も考えずに敵皆殺しですよ.

更に今回,いつもなら拳銃片手に敵陣に殴りこみっていういつもの流れかと思わせておいて実は違う作戦に出たりします. 老いというモノを最大限武器にしているなぁ.


というわけで,今回の映画に関しては一応ストーリー追わないと意味分らないと思います. あと,英語で聞かないと分らないジョークが入ってるので見るときは音声は英語の方がいいとおもう.
[PR]
by g_aks | 2009-12-06 22:47 | 映画