<   2016年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

転職活動とは

今の会社に大きな不満があるわけではないのだけれど、漠然と自分がゲーム機を愛していないと言う事を感じたので辞めようと思うに至る。

PC作ってた頃は、なんだかんだ言ってもVAIOのブランドも好きだったし、PCっていう自分にとってはなじみ深い道具を作る事が出来るっていう所で、PCはかくあるべきと言う自分の中での理念や哲学を持つ事が出来たが、ゲーム機に関して言えば、正直思い入れをどうしても作る事が出来なかった。

もちろん、全くゲームやらないのかと言うとそうでもないし、極稀にやろうかなって思う事もあるのだけれど、ゲーム機たるや、こうあるべき見たいな考えに昇華出来るほどの思いはついぞ得られなかった。仕事中も延々とゲームやってる某先輩を見習いたかったけれど、僕には無理だった。
ちなみにこの先輩、仕事を頼もうと思って話しかけると、今ゲームやってて忙しいから と言う理由で仕事を断ってくるくらいゲームが好きな方です。やっぱりこういう人が作るべきなんだろうな。

思い入れが無いのに働き続けるのは、ゲーム機にもユーザにも失礼なことだし、あの会社で働きたいっていう人も沢山いるらしいので籍を譲るべきなんだろうな。願わくば後任の人が、ゲーム大好きで、毎日嬉しく働いて欲しい所だな。

------

と言うわけで転職活動ですよ。生まれてこの方まともな就職活動もした事が無いし、なんならバイトの面接すらした事無いのに転職活動っていうとかなりハードルが高いのかなぁと思っていました。

が、このご時世幸いな事に、是非来てくださいと三顧の礼をリアルに実施してくる奇特な人も居たりして、その中の一社と面接をしてきました。


面接の場となるオフィスにお邪魔した所、「面接官をする予定だったマネージャーが行方不明なんだよね」という味わいある歓迎を受ける事になりました。
その後無事に面接官は現場にに復帰し、面接が開始されました。

------

「ビールとお茶どっちがいいですか?」

が面接官からの最初の一言でした。ビール苦手なのでお茶で、と答えた所、じゃぁ僕はビールと言って隣室の方に持ってきてくれるように依頼した所、

『え、駄目に決まってるじゃないですか』

と面接官が怒られていました。 最初はこの会社大丈夫かな?って思いましたが、あれだけしっかりした社員の方がおられるのであれば大丈夫だなって確信しました。

------

面接の内容は、主に私に何を期待しているのかを只管非エンジニアな未来の上司2人から僕が引っ張り出すという作業に終始しました。
結論から言えば、エンジニアリング能力を最大限発揮する事が求められているらしく、まぁその点では悪い話では無いなと言う感じでした。

ただ、現在色々な所で仕事をやっている事については、

「入社までに過去を清算してきてください」

という非常に残念な通告を受けました。具体的には、今後原則副業禁止だそうです。
なので、ま こ と に 残念ですが、今後宇宙開発の仕事は一切引き受ける事が出来なくなりそうです。本当に残念だなぁ。本当に残念だなぁ。でも勤め先がそう言ってるんだから仕方ないよなぁ。 やったぜ!

------

その後、面談と言う名の雑談は続き、最終的に何か聞きたい事ありますか?ってさんざこっちが話しを聞き切った後に更なる打診がありました。
特に気になってる事も無かったのですが、給料ってどうなるんですか?と聞いたところ、

「逆にいくら欲しいですか?」

と言われてしまいました。思えば生まれてこの方自分で自分に値段を付けた覚え等無いので、どうしたもんかなぁと思ったのですが、細かい事考えても仕方ないので切りの良い数字を伝えたところ割とあっさりと通ったようでした。

------

というわけで、殆ど何の努力もしていない転職活動ですが、恐らく転職はします。次の組織はそう長く持つタイプの会社では無さそうなので、数年後にもう一度くらいは転職しないと駄目かな?とも思っていますが、まぁそれはそれで。
[PR]
by g_aks | 2016-01-27 02:38 | 最近のAKS

神経が理解できない

生き物の死は、いつまでたっても慣れない。
例えそれが、海老だろうと人だろうと、関わりを持った者ともう触れ合えないという事実が、じわじわと心を締め付ける。

私と関わりを持った全ての者には、せめて安らかに眠って欲しいな。

------------

なぜこのタイミングでその一手を打つのか理解に苦しむ。
少し前か、もっと後やろ。

------------

私が凹んでも仕方ないのだこれど、駄目だな。わたしは。
b0039965_12582988.jpg

[PR]
by g_aks | 2016-01-18 12:22 | 思うこと

思い出せない

小さい頃に沢山教えてもらった事があるのだけれど、それらが思い出せない。

どうにも私の脳はポンコツで、文字や音を長期間記憶する事が出来ない。映像としての記憶はある程度信頼出来るのだけれど、教えと言うのは多くの場合言葉や文字なので今回のケースでは意味が無い。

思い出したい話しは、人が辛い、苦しいと感じる原因は自分の中にあるとか、そういう話し。もっとこう具体的かつ説得力のある話だったのだが…。今必要なのだよ、今。

------------

人智を尽くして天命を待つっていう言葉があまり好きではない。
試験等、やった後はもう何も出来ないと言うケースもあるけれど、人生において取り組む問題の多くは、最期まで足掻けるモノが多い。

また、「人智を尽くした」と言う状態も変な話で、天命を待っている間も世の中動いていて、その間も人智は着実に進歩しているのだから、軽々しく「人智を尽くした」と言うのはおかしい。大抵の場合これは、努力を放棄する言い訳に利用されているような気がする。

世の中、そんなに全力で取り組むべき問題ばかりかと言うとそうでもないのだけれど、諦める癖をつけてしまうと本当に最後まで足掻かないといけない時に足掻き切れないのではと思うのだよね。

だから、どんな些細なことでも出来るだけ諦めたくないなって思う。

------------

字がきれいになりたいので、2016年は主にここを頑張って行きたい

------------

どんなに頭おかしいんじゃないかって思う事でも、堂々とやり切れば、多くの場合周りは賛同もしない代わりに反対もしないと言うのが過去の経験からも解る。

「やりたいからやってるねん。誰にも迷惑かかってへんやろ、なんか文句あんのか。」 という某先輩の素晴らしい生き方を真似ていきたい。
この先輩の場合、多大に周りに迷惑をかけているところが問題ではあったのだが。

------------

光線銃の完成が近いが、何分手作業で金属を削り出している関係で1丁作るのに結構な時間がかかる。1日1丁は無理だな。ちょっと見通しが甘かった。

光を扱うと大学に居たころを思い出す。真っ暗な暗室の中で、目では見えない光を延々と扱っていた。
数日暗室から出なかったら、どっちが上でどっちが下か解らなくなって、転げるように暗室から出て床で上下が解るまで倒れていたのも今となっては良い思い出…。なのか…?

------------

今日ほど、出家しとけばよかった!って後悔した日は無いだろう。
[PR]
by g_aks | 2016-01-18 03:15 | メモ