思ったより元気よ

比較的元気に12月を迎えましたが、年賀状やら、抱えている仕事以外の案件やらで結構気が重い日々を過ごしています。 例えば、

未だにビジネスモデルどころかユースケースすら見えてこない謎デバイス とか

「幽霊を殺せる銃を作ってほしい」 という依頼 とか、

え、どう考えても物理的に作れないですよそんなモノ なデバイス とか

どう考えても他の人が引き受けなかったから僕のところに御鉢が回ってきた系の案件が多いです。 思い返せば、数年前までは衛星作るにも他に引き受け手が無いブロックは問答無用で回されていたのが、ここ何年かは平和なので、きっと世の中の技術水準が上がった結果、僕がやらなくても良くなったと言う事だと思われます。

なので、数年後にはだれしもが、幽霊を殺せる銃が作れる社会になっているのだと思います。本当に楽しみですね。

------

想いは伝わるものである

という発想を持っている方が居る。 それ自体はまぁいいのだけれど、ちゃんと伝えるには思ってるだけではだめで、ちゃんと伝える努力が必要だと思う。

(特に努力とかしなくても、態度とか雰囲気で)想いは(なんとなく)伝わる 

のであって、正確に自分の想いを伝えようと思ったらちゃんと言葉を尽くさねばならぬのだと思って生きている。なので、何の脈絡も無い単語を口走ってしまったり、「お前なんで今そんな事言いだしたの!?」 というような事を言ったりもする。 

後で言おうと思って、その後でが本当に来るかどうかなんて解らないし、10秒後に自分が隕石に当たって死なないとも限らないのだから、どうしても伝えたいことはチャンスがあるうちに伝えた方がいいと思うのだよね。

------

少し前になるけれど、自分が書いたメールの文面を褒められた。 凄くうれしかった。

------

自分に何の決定権も無ければ、何ら関与不能な事象に対してあれこれ気をもむのは非常に馬鹿らしいのは解るのだけれど、それでもやっぱり気になる事、心配な事、望む事はあるわけで、それらとの折り合いを上手く付けていかないと毎日本当に疲れてしまう。

未だに「これだ!」っていう解決策は無いのだけれど、最近毎日、その事・その人・そのモノに対して手紙と言うか文章を残す事にしている。自分が何を思っているのか、今どういう状況なのかという事を記録に残す事は自分の気持ちの遷移を理解する上で重要な事だと思うし、もしかしたらその中に自分の気持ちを整理する為の糸口が見つかるかもしれない と思うのだが、今のところ特に見つかっていないし、毎日うめき声をあげながら生きています。

残りの人生あと40年くらい? 結構長いなー。
[PR]
by g_aks | 2015-12-03 03:16 | 最近のAKS